フロントエンドエンジニアと年齢

ITにおけるフロントエンドとは、主にWebブラウザ側のシステムを構築をする事を指します。このシステムを開発・管理するエンジニアは、Webのデザインというデザイナー的な作業と関わりを持つ事になります。
直接ユーザーが見て触るところでもありますのでデザインを意識しますし、システムとして動かす必要もあります。同時にHTML・CSS・Javascript等のプログラムの作成とコーディングも考えなければなりません。プログラムもただ作るのではなく、生産性の上がる効率の良い、メンテナンス性に優れたプロクラムの製造・コーディングが求められます。

フロントエンド側のエンジニアの役割は幅広く、その業務は細分化されています。WebのデザインはWebデザイナーに画面仕様を作ってもらい、プログラムを作成するのはマークアップエンジニアやコーダーという具合です。そのシステムの規模や人数にもよりますが、明確には分かれない事もあります。
これらの仕事をシステムとしてまとめ上げ、バックエンドのシステムにコネクトさせる事が、フロントエンドエンジニアの仕事になります。フロントエンドのまとめ役というわけです。

このように多岐にわたる技術や仕事内容をある程度把握しておく必要があります。また、システムに携わるスタッフとの設計上の意思の齟齬がないよう気をつけなければなりませんし、バックグランドエンジニアとの連携も考えなければならない事もあるでしょう。
最初から仕事内容の全てを理解しておく必要はありませんが、疑問を解消するためのコミュニケーション能力はかなり重要な要素となります。様々な知識やスキルを求められる仕事ではありますが、そのスキルさえ身につければ年齢や定年など意識する事なくできる職種です。