掲げるべき目標として

フロントエンドエンジニアはWebデザイナーの幅広い業務からシステムエンジニア寄りの業務が細分化する形でできました。この職種はJavaScriptやHTML5/CSS3を専門的に扱い、またPHPなどプログラム言語も使うなどと、web制作に必要なスキルを高度に持っている事が求められます。

ですので目標としては、情報収集をしっかりしてフロントエンドエンジニアであり続けるために学習を欠かさない、という事が大切になります。どういう事かというと、JavaScriptに関するライブラリやフレームワークには有名なjQueryなどがありますが、それ以外にもBackboneやEmberなど様々なものが出てきて使われています。
これらはこれからも新しいものが次々と出て来るので、情報収集をしっかりとして把握しなければならないのです。技術的なアドバイザーの役割もあるので、新しい技術もある程度は知っていないと相談に答えられないという事が起きてしまいます。

ただし、完全に全てを把握し使えるようにするというのは理想で、実際には仕事もあるので時間が無いなどの理由で難しいです。なので、仕事で使うようなものはしっかりと学んで、使わないものは概要や動向くらいだけ把握するというような取捨選択する事が大切になります。
このように、フロントエンドエンジニアはWeb制作に必要なスキルを高度に求められます。その求めに応え続けるためにも、情報収集をしっかりとして学習を欠かさないという事が重要なのです。