フロントエンドエンジニアの役割と面白さ

フロントエンドエンジニアというのは、情報システムおよびWebサイトなどを開発するエンジニアの中で、ユーザーが直接操作したり見聞きする部分を担う職種です。簡単に言えば、サイトを閲覧する人や管理者が仮にWebについて詳しく知らないユーザーでも、やりたい事がスムーズに実行できるように環境の構築を行えるエンジニアです。
HTML、CSS、JavaScriptや画像ファイルを組み合わせながらWebページの記述を行うエンジニアで、場合によってはHTMLコーダーやマークアップエンジニア、JavaScriptプログラマーといった名称でも呼ばれたりします。

近年になり、見やすく使い勝手の良いサイトを作成するために必要不可欠な人材となり、Web業界の中でも需要が高いポジションです。
フロントエンドエンジニアの場合、サイト制作において最適と思われる技術や構造を考え出す面白さがあるだけでなく、デザイナーまたはディレクターに対して相談役として力を発揮し、希望する事を叶えるために技術的フォローを行っていく面白さもあります。
現代社会においてWebサイトはなくてはならないものであり、その数も膨大です。そういった面でも、Webサイトの開発・構築ができるフロントエンドエンジニアは需要が高く案件も多い狙い目の職種だと言えます。

そして、開発に関する知識を活用して、Webディレクターと同様の役割が果たせるようになれば、年収がアップする可能性も高くなります。広範囲の分野についての知識と技術を身につける必要がありますが、条件を満たしていれば、年収が一千万円を超えるようなケースも有り得ます。そのため、年齢またはキャリアに関わらず、実力次第で昇格を視野に入れる事もできるのです。